「ほっ」と。キャンペーン

☆愛辺マリアとお花好きな方を結ぶ花ブログです☆英国王立園芸協会 日本支部認定ハンギングバスケットマスター フラワーアレンジ講師  華道師範・風水師


by YHT01060
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

スピリチュアルヒーリング『天の声』

ヒーリングをするためには病気の人を見て、病名ではなく

なぜ?こんな状況や体調に置かれているのか?
瞬間に見抜くことが重要です

初期の段階では体に病名が漢字で張り付いて見えていましたemoticon-0104-surprised.gif
人と話すと高血圧などと書いた石のような字をかついでいるように見えたのです

だんだん声に変わってきました
お告げとかではなく、本人の心の声が聞こえる時期に入ったのです

続いて見ただけで分かる部分も出てきました
母親が子供の帰宅姿をみて、学校でいやなことがあったな?
とわかるように、見ただけで感じることが増えたのです
失恋したんだな!といったように

その後修行の中で、もう亡くなった人と話す訓練をたくさんしました
親戚や有名な人を選んで話すようにしていました
なぜなら、普通の人は見も知らない人に亡くなってからも簡単には返事してくれないからです
こんな人脈?から病気について話し掛けて答えを得るコツがわかってきました

『天の声』はごくまれに、本当のことを言わずに私を安心させてくれます
明日につながるようなアドバイスとして聞いています
本当のことばかり話すのが思いやりではないということも学びました
もう少し先を見ていると、目先を乗り越えるアドバイスをするものです

ある時、医師の宣告もあった重症の患者さんのヒーリングに通っていました
その時私は、マリア様に問いかけていました
『きっと良くなります』
そう聞こえたので楽観していましたが、結果は良いものではありませんでした
長い間落ち込んで答えがなぜ違ったのか?考えていました

いつの時もヒーリングはきっと治ると信じてやるものなのかもしれません
不可能に挑戦するものだと思います
治らないと聞いたらもうヒーリングをすることはできなくなってしまいます
いつかは治せる日もあるという、励ましかもしれません
来世にはきっとまたお元気でお会いできるという意味かもしれません
魂を清めてお見送りすることも大切だという意味だったのかもしれません

命に限りがある以上、ヒーリングにも医療にも限界はありますねemoticon-0117-talking.gif
[PR]
by YHT01060 | 2010-04-02 10:03 | スピリチュアルヒーリングのABC