☆愛辺マリアとお花好きな方を結ぶ花ブログです☆英国王立園芸協会 日本支部認定ハンギングバスケットマスター フラワーアレンジ講師  華道師範・風水師


by YHT01060
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

父の思い出

お盆やお彼岸が近くなりますと、お札(ふだ)をどうしようとか
亡くなった方を思い出すとか、経験すると思います

私も無くなった父のことを繰り返し思い出すなと思ったら、
命日の前後だったのでした

私は、命日にお参りするとか、お盆にお参りするとか
そういったことが苦手でマイペースでいます

この身体にも心にも思い出や敬う心があってそれで
充分だと勝手に思っています

こうやって命日前後に思い出させるのはやっぱりそれ
だけでは足りませんということでしょうか?

父は外国航路の船長をしていましたので中学の頃から
船に乗せて海外に連れて行けないものか?
と会社に頼んでくれました

もちろん女でしたから、会社はその願いを聞いてはくれ
なかったのですが

それに海外旅行も色々しましたので、気持ちも済みました
海外を知る事は幸福を知ることだと父は言っていました

幸福は人の心の中にしかないもので、遠い世界のどこかに
探しに行ってもみつかるものではないという話でした

父に会う事は滅多にありませんでしたし他に思い出も
多くはないのですが、日本に生れて幸せだよ

という言葉をよく思い出します
父が早く亡くなる人は可哀そうだと思います
私もふくめてそれだけ、命について見つめなければならない
定めなのですから
[PR]
by YHT01060 | 2009-08-06 01:46 | 旅とお散歩